15 January

インターネットで株投資のための情報を得る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

インターネットは速報性の高いメディアです。また双方向性によってお互いでコミュニケーションが取れるなどの点が優れています。一方で情報量が多すぎる上、それぞれの情報ソースがあいまいであったり、情報の質が玉石混交であるなど、情報を取捨選択する必要があります。

スポンサーリンク

インターネットは速報性の高さが魅力

インターネットの魅力はその情報スピードの速さです。実際に様々な報道やニュースを知る情報ソースとして第一報はネット経由というのが圧倒的に多いです。
また、RSSやツイッターなどを活用することで必要な情報だけを集めることにも適しています。

新聞社などの公式サイトでもニュースを読むことができますし、株式投資に関連する多くの情報サイトがあります。これらのサイトでは多くの場合無料で情報を手に入れることができます。

 

情報の信頼性には注意

インターネットの場合、ブログや掲示板、SNS、ツイッター、facebookなどを通じて誰でも情報を発信することができます。こうした情報の中には信頼性が高くないもの、ポジショントーク、場合によっては虚偽の情報などが多分に含まれていることがあります。
こうした情報に振り回されやすいというのがインターネット情報のデメリットといえます。一方で、それを補って余りあるほどの魅力があるので、情報の信頼性などには気をつけながらも有効に活用していきましょう。

 

ネット証券を通じての情報収集も魅力

最近のネット証券では、自社のホームページ等で様々な投資に役立つ情報を配信しています。リアルタイムの株価情報はもちろん、それぞれの銘柄ごとのニュースやマーケット全体のニュース、為替相場や海外市場におけるニュースなども口座を持っていれば無料で見ることができます。
また、会社四季報Quickリサーチネットなどの投資情報や日経テレコン21といった有料情報についても無料で手に入れること可能です。ぜひともこうした情報サービスも活用しましょう。
参考:ネット証券と投資情報

 

インターネットで情報発信をするときの注意点

インターネットは何も投資情報を取得するというだけでなく、自分自身が情報発信を行うこともできます。
たとえば、ツイッターやfacebook、ブログ、掲示板などを通じて株投資に関する情報を発信していくことも可能です。このとき気をつけたいのは、風説の流布などの法律違反となる行為です。

過去にもインターネットで虚偽の情報を流したとして、インターネットに書き込みをした人が逮捕された事例もあります。情報を発信する場合はいい加減な情報を確定情報のように流すのは絶対にやめましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連記事

インターネットで株投資のための情報を得るを読まれた方は以下の記事も読んでいます。



SNSでもご購読できます。