当ブログのおすすめをご紹介します。

「頭と尻尾はくれてやれ」の意味

fish相場格言の中でも良く聞くことが多い「頭と尻尾はくれてやれ」というもの。頭というのは相場の天井(高値)を指し、尻尾は相場の底(安値)を指します。つまり、投資をするとき天井(高値)で売ること、底値(安値)で買うことにこだわらずほどほどにするべきであるという格言となります。
相場を読むのは難しいです。だからこそほどほどでOKという考え方が相場を長く続けるためには大切なのかもしれません。

スポンサーリンク


相場の天井、底は誰にもピンポイントに読めない

相場の高値、安値をピンポイントに読むのは不可能です。もちろん、ある程度は予測していくわけですが、そうした高値で売ること、安値で買うことを追求し続けるというのは不可能です。

前に「トレンドライン分析」の記事で、トレンドラインで転換を示したからすぐに売買注文を出すとダマシにやられてしまうこともあると書きました。

これと同じようにピンポイントで売買しようというのは難しいものでそれを実現するのは困難です。それであれば、最初から「頭と尻尾はくれてやれ」という感覚で売った後に上がっても、買った後に下がってもちょっとくらいなら気にしないという心づもりでいる方が精神的な安心感を得られますよという格言です。

ただし、買った後に少しくらい下がったって気にしない。とはいっても買った後に下がった場合、それが予測の範囲を超えている場合は損切りも視野に考えるべきですよ。
詳しくは「損切り(ロスカット)の重要性」の記事も御覧ください

スポンサーリンク