30 June

「見切り千両」の意味。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

kakugen相場格言として知られる「見切り千両」と言う言葉があります。含み損の株は中々売りたくないものですが、反発を期待して保有し続けるよりも損切りしてしまう方が、今後の相場下落によって大損するよりも千両の(大きな)価値があるという格言。いつまでも未練たらたら保有し続けないという教え。逆に儲かっている時の格言としては「利食い千人力」という格言があります。

スポンサーリンク

相場だけじゃない、見切り千両

相場格言として使われる「見切り千両」と言う言葉ですが、相場以外にも色々なことにあてはまるものです。
人はどうしても現状維持をしようというバイアスが働きますし、また現在のポジション(立場)から都合のいいように考えたり、あるいはこれまでに支払ってきたコスト(サンクコスト)を考えてしまい行動に移せないことが多いです。

見切り千両という格言はそのような「行動に移せないこと」を戒める格言です。

ただし、この格言ほど、分かっていても実行しにくい物はありません。相場で言えば、見切り千両でロスカット(損切り)した後に、反転して上昇するんじゃないか?そろそろ反発するじゃないか?とどうしても考えてしまいます。
ただ、それを言い出してしまうとどうしようもありません。

 

基本的には「損切り(ロスカット)の重要性」でも書いている通りです。その都度都度で考えてしまうと決断が鈍るわけですから、投資をした時点で水準を決めておいて、その水準になってしまったら見切りをつける。そうした行動が重要なのだという相場格言です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連記事

「見切り千両」の意味。を読まれた方は以下の記事も読んでいます。



SNSでもご購読できます。