「押し目待ちに押し目なし」の意味

growth「押し目待ちに押し目なし」という相場格言があります。押し目というのは上昇相場にあって一時的に下がることをいいます。この格言は、相場が力強い時ほど、押し目を待っても押し目が出ずに相場がどんどん上昇してチャンスを失ってしまうよ。というものです。

スポンサーリンク


相場に勢いがある時ほど押し目は作らない

特に相場が強い時ほど、押し目狙いの投資家が多いことから押し目らしい押し目を作らずに買いが集まってしまうことが多いです。買いたいけど、ちょっと下がったら買おうなどと考えているとそのまま一直線に上昇していってしまい、後から大変悔しい思いをするというのが「押し目待ちに押し目なし」という格言です。

強いトレンドを持つ株ほど一直線に上昇することは多いのですが、勢いがあるほど、天井を付けた時などに下落トレンドに転換するペースも速いということもあります。
押し目を待って待っていて、ようやく押し目がきた!と思っても実はそれは下落トレンドへの入り口で結局、天井近い値段で買ってしまったこということになりかねないという意味も込められています。

相場格言に「頭と尻尾はくれてやれ」という言葉もあります。投資したいという有望な株があれば押し目を待つのではなく、わずかな下押しを期待せずに投資するという度胸も必要だということを示す格言だと思います。

なお、これとは逆に、下がった株を売るタイミングを逃すなという意味で「戻り待ちに戻りなし」という格言もあります。

スポンサーリンク