当ブログのおすすめをご紹介します。

「もうはまだなり まだはもうなり」とポジションへの過信

updown「もうはまだなり まだはもうなり」は相場格言の中でも非常に有名な言葉の一つです。もうそろそろ底(安値)だろうと思って買うと底抜けして下がってしまう。まだ上がるだろうと考えていたら天井をうって急落してしまった。この格言は相場観は自分の思惑通りに行かないものであり、異なる視点を持つと言うことの大切さを語る格言です。

スポンサーリンク


自分の投資判断は過剰評価しやすい

過信バイアスなどという言葉もあります。人は自分の判断を過剰に評価する傾向があります。特に自分がポジションを持ってしまうと、そのポジションに対して公平な判断が出来なくなります。
このような判断を戒める格言が「もうはまだなり まだはもうなり」というものなのです。

もうそろそろ株価も底だろうから買いじゃないか?と言うときはまだ下がるんじゃないか?、まだ株価は上がるだろうと考えたときは、もうそろそろ天井をつけて反転してもおかしくないのではないか?という逆の視点をもってその銘柄や相場を眺めてみてはいかがでしょうか?また別の見え方があるかもしれません。

この格言が広く知られているのは、多くの投資家がこの格言をためになると思ったからこそだと思います。
相場を張るときや張っているときは「もうはまだなり まだはもうなり」の精神をもって取り組みたいものです。

スポンサーリンク